宇都宮けんじを支持します


これから読む本、読みたい本=> 詩歌=>プロレタリア川柳

2013年05月08日

プロレタリア川柳

 かつてこの国にはプロレタリア川柳というものがあった。教科書が教えない文学史の1ページである。

  出征のあとに食えない老夫婦

 鶴彬がこの句を読んだのは昭和4年だ。当然のように彼は獄死した。

小説 鶴彬―暁を抱いて

小説 鶴彬―暁を抱いて

  • 作者: 吉橋 通夫
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本


人気ブログランキングへ
posted by 有沢洋 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。